永田羽竜の誰得ブログ

~未来のアジア経済大国「バングラデシュ」にいる日本人プロサッカー選手のブログ~

永田羽竜の誰得ブログ

~未来のアジア経済大国「バングラデシュ」にいる日本人プロサッカー選手のブログ~

サッカーゆるトレーニングのモニターに!

 

以前書いた記事、サッカー8割、永田2割で愛する人向けのご報告。~僕の身体を変えて下さい!~ - 永田羽竜の誰得ブログ
で紹介させて頂いたサッカーゆるトレーニング。

 

 

非常にありがたいことに、

このブログ記事からご縁があって、

永田は現在東京にある運動総合科学研究所にて、マンツーマンでサッカーゆるトレーニングのご指導を受けております!

 

↓こちらの本のモニターとして受講しているんです↓


f:id:uryu19:20190920160652j:image

新書のサッカー球軸トレーニング

 


f:id:uryu19:20190920160657j:image

サッカーゆるトレーナーの大久保さんよりご指導頂いておりまして、解説なども含めて毎週約3時間はトレーニングしています。

貴重なお時間を費やして下さり感謝です!

 

 

大久保さんは、

日本、ドイツでのサッカー選手経験を経て、運動科学理論を学び「日本をサッカー世界一にするために貢献したい」と、サッカーゆるトレーナーになったそうです。

 

間近で大久保さんの動き見ると、体感したことのない忍者のような身のこなし。

キレと威力が凄かったです。

それらは筋肉から生まれるものではなく、軸を通してゆるむことで得るもの。

これは生で見ないと分からない感覚です。

 

 

 

 

僕はこれまで多くのコーチからトレーニングを受けて、ネットでスポーツ理論を調べては実践し、取り入れるトレーニングを何度も変え、

自分に合ってるものもあれば、合わないものもあったりのサッカー人生を過ごしてきました。

 

 

 

今は情報が溢れる世界。

良い情報が無料で手に入る便利な世の中だが、その逆もまた然り。

 

僕が子供の頃、世には出ていなかったスポーツ理論、トレーニング論がいまは数多くある。

毎年のようにいくつも注目され、ブーム化している。

 

 

解析できないことを無理やり解析して(もうそれは解析じゃなくてあと付)、理論に結びつけているものもあるし、

中には金稼ぎのビジネスもあるだろう。

 

 

 

 

 

本来動物がもつ潜在能力、人間にある先祖からのDNAなど、

それらが本質となってこのゆるトレーニングはあると思う。

 

 

 

 

この記事は、運動総合科学研究所から書いてほしい!宣伝してほしい!

と言われたものでは全くありません。

 

 

書きたかった理由は、初回のゆるトレーニングを受けた次の日から、目に見える成果が表れたんです。

 

2つの意味で衝撃的でした。

ゆるトレすげぇ…。

と、

これまで俺はどんだけ無駄な身体使いしてたんだ…?笑

 

 

 

その目に見える成果とは、持久走(4.5キロ)のタイムが驚くほど伸びたこと。

 

4.5キロ走

19分30秒(トレーニング前)

18分30秒(トレーニング後)

 

 

1分も速くなったんです。笑

これには驚きのあまり笑っちゃいました。

 

1分ってだいぶ差ありますよ。

過去の俺と何馬身差だよ!って気になります。

 

 

測り間違いかなと思って、それ以降何度走っても18分30〜40秒。

 

身体の疲労感、筋肉の張りが全くない。

次の日の筋肉痛も無し。

 

 

 

ただ、走る前にゆるトレと、走ってるときは体の軸と全身ゆるむことを意識しただけで、

こんなに変わるとは。

 走ることが不得意な僕でも無理なく走れました。

 

 

独学でやっているのと、指導を受けるのでは訳が違いました。

「俺は全然身体使えてなかったのか…」っとガッカリもしました。笑

 

想像していた現在地よりも遥か下に自分がいること、理想と現実の差を受け入れながら、残りの滞在期間では大久保さんから吸収するだけ吸収していきたいと思います!

 

 

 

来シーズン以降は、この理論を証明できる結果とパフォーマンスを報告します!

 

 

短期目標では、4.5キロ走

で18分切る!!

 

※18分切りました(10月9日)

 

 

 

 

↓運動総合科学科学研究所のWEBサイトはこちらです↓

www.undoukagakusouken.co.jp

 

 

 

 

blog.uryunagata.com

blog.uryunagata.com

blog.uryunagata.com